Computer & RF Technology

HFコンバータキット v1.8

HFコンバータキットの頒布案内です。

  • 2015/9/18 掲載開始(第10ロット:v1.8) 価格を改訂
  • 2016/1/21 リレーをオプションとして追加(限定数)
  • 2016/7/8 リレーは品切
  • 2016/7/13 リレーの在庫が復活しました

完成品の販売はこちら

HFコンバータとは、RTL2832Uドングルを使って、MF〜HF帯を受信できるようにするためのアダプターボードです。安価なRTLドングルにふさわしいよう、安価でシンプルなキットです。表面実装部品(SMD)を使った自作の練習になることを想定しています。

基本キット頒布価格

  • HFコンバータ基本キット 3000円(送料込)
  • オプション: リレー 500円

シンプルなキットですが、表面実装部品の取り扱いなど、それなりのハンダ付け技能と道具が必要です。組立説明書を用意しましたのでご参照ください。

ご注意

  • あくまで個人が趣味の範疇で行うキット頒布です
  • 工作を楽しんだり、実験に取り組んで頂くための素材とお考え下さい
  • 製品ではありませんし、性能の保証もありません
  • このキット頒布に参加して生じたいかなる故障や損害についても、頒布者は責を負いません

以上、頒布内容と注意点を了解いただいた上で、下記要領でメール連絡をお願いいたします。下のお願いもご参照ください。

  • メールの宛先: edy555+hfconv “at” gmail.com  ”at”をアットマークに置き換えてください。
  • 表題(Subject)に [HFCONVキット] と入れてください
  • 下記フォームをメール本文にコピーし、数量を記入願います(必須)
  • コピー&ペーストでお願いします。フォームの形式を変えないでください。全角半角を変えないでください。
  • 「ワンセット」といった曖昧なご注文はお受けいたしかねます
  • 送金方法をお選びください(ゆうちょ銀行/新生銀行/ジャパンネットバンク)
  • 折り返し金額とお振込先をご連絡さし上げます
  • 品切れや準備中の場合お返事が遅くなる事がありますがなにとぞご了承ください
  • 送料は基本キットに含まれています
  • オプションのみのご用命は原則としてお承けいたしかねます
  • 発送は普通郵便を予定していますが、もしご希望があれば可能な限り対応いたします(実費)
[お名前]
[郵便番号]
[ご住所]
[電話番号]  
[内容] HFCONVキット: \_\_  リレー:\_\_
[送金方法] ゆうちょ銀行/新生銀行/ジャパンネットバンク
[このキット/blogをお知りになったきっかけ]
[ブログ/ツイッター/コールサイン等] (もしあればご記入ください

お願い

  • 任意で小額のドネーション(カンパ)をお願いしています。試作部品代の費用に充てさせていただきます。僭越ながらリワード(お礼)として、諸事情によりお蔵入りとなっている試作基板を贈呈いたします。
  • 内容を問わずblogや掲示板等で使用したご感想やレポートを公表してください。その際には頒布元についての表示をお願いします。
  • レポートを拝見することを楽しみにしています。何気ないご感想がさらなる改善に繋がります。
  • レポートを作成公開することは原則として必須です。大事なことなので2回書きました。
  • Webサイトをお持ちの方を優先しますことをご了承ください。
  • ご意見やご質問は、原則としてページ下部にあるコメントフォームからお願いします。メールですと他の方がご覧になることができないためです。お気づきの点等のお知らせ歓迎します。
  • 故障修理の場合を除いて、追加部品についてのご要望はお断りします。

公開されているレポートへのリンク

雑誌記事等

  • CQ Ham Radio別冊 QEX Japan No.11 木塚さんの記事中で紹介
  • トランジスタ技術2013/10月号 拙稿にて紹介

修正点(v1.8)

  • 従前は基本キットにコネクタを含めず、オプション扱いでしたが、今回からSMAコネクタ2点とUSB-mini-Bコネクタを含め、基本セットの価格を改訂(2015/9/18追記)。
  • ジャンパSJ1,SJ2,SJ3へのレジスト被りを修正しました。

修正点(v1.7)

  • 昨今の事情(円安)から価格を改定
  • ESD保護キットを廃してD2を標準化
  • カップリングコンデンサC12を追加
  • 基板サイズを微修正(40x48mm → 39x48mm)
  • 要修正:ジャンパSJ1,SJ2,SJ3にレジストが被ってしまっています。レジストをカッター等で取り除いてください。

修正点(v1.6)

  • USBコネクタの位置をわずかに外側に修正
  • シルクを回路に合わせて、R3をC11に修正

修正点(v1.5)

  • C2を固体タンタルコンデンサに変更
  • スルーホール位置を修正

修正点(v1.4)

  • IC2オプションの削除
  • クリスタルのランドをハンダ付けしやすく少し大きく修正
  • スルーホール位置の修正
  • レギュレータ前後のコンデンサ定数の変更 (電源が発振するケースがあったため→詳細 )

修正点(v1.2)

  • GNDパターンの修正
  • DBM入力入れ替えをDBMを取り外さず加工できるようにソルダジャンパを修正
  • 取り付け穴の位置の変更

修正点(v1.1)

  • ESD用の保護ダイオード、DBM保護用L,Rのランドを用意しました(部品はキットに含めておりません)。ESD保護ダイオードを内蔵していないドングルを利用する場合でも、こちらに入れておけばひとまずは安心と思います
  • USB以外の電源を供給できるようランドを設けました
  • リレーを外部から制御できるようランドを設けました
  • 低ノイズレギュレータ用のパターンを用意
  • DBM品種を変更
  • DBM-Loへのマッチング回路の修正

過去の頒布

comments powered by Disqus