Computer & RF Technology

NanoVNAにタッチ操作を実装してみた

製作中のNanoVNAですが、今回はタッチパネルを実装してみました。普段はメニューが隠れているのですが、画面に触れたり、レバーを押すとメニューが現れて、各種操作を行うことができるようになってきました。 image

ベクトルネットワークアナライザNanoVNAの液晶画面を実装する

前回までの実験は、NanoVNAをPCのアダプタとして使用して、USB経由でデータを取得していました。NanoVNAはスタンドアロンで動作させるため液晶ディスプレイを付けられる設計にしてあります。液晶表示と測定値のプロット、校正処理とマーカーまで作ってみましたのでポイントのみ紹介します。 image

校正用キャリブレーションキットCALKITを自作する

ネットワークアナライザを活用するためには、インピーダンスの基準となる校正用のアダプタ=キャリブレーションキットが必要になります。測定器用のアクセサリとして市販されているものは高価ですが、低い周波数向けでしたら自作でも充分実用になりますので、Webで見つけた先例を参考に、今回新たに作成してみました。 image