Computer & RF Technology

DDS AD9859とGNURadioでVNAを作ってみる(1.動作原理解説)

DG8SAQによるQEX誌記事”A Small, Simple, USB-Powered Vector Network Analyzer Covering 1 kHz to 1.3 GHz”を読み、その構成のシンプルさと強烈なアイデアにある種の感動を覚えました。この記事で取り上げられた自作のVNAは、VNWAという名称でsdr-kit.netから頒布されていました。当初はキット配布で、チャレンジしてみたいと思っていたのですが、途中から完成品の販売のみとなってしまいました。完成品ではおそらく物足りないだろうと思いましたので、いっそのこと自分で作ってみることにしました。(一応念のためですが、VNAとはQEX記事タイトルにもあるように、ベクトルネットワークアナライザのことです)

RTL2832UドングルとRTLSDR-Scannerでスペクトルを広帯域で観察する

RTL2832Uドングルは最大で3MHz程度でサンプリングすることが可能ですので、SDRソフトウェアを使った場合その帯域幅で信号を観察することができました。そこそこ広い帯域幅ではあるものの、信号がどこにあるのかわからない場合、周波数を手動でスキャンするなどの操作が必要でした。