Computer & RF Technology

NanoVNA(仮称)を製作予定です

先日クロックジェネレータチップSi5351Aを試していましたが、ふとこれを使ってVNA (ベクトルネットワークアナライザ)を作れるんじゃね、と思いついてしまいました。以前試したVNWAのクローンではDDSチップを二つ使っていましたが、Si5351Aなら個別に周波数を設定できる出力が3つもあります。 image

FriskSDRが動き始めました

FriskSDRプロジェクトはオシレータSi5351Aが動作するようになったところで中断していましたが、ようやく時間が取れるようになったので作業再開しています。I2Sが全二重で動作するようになったので、音が出るようになりました。アンテナを繋げばちゃんとAM放送が聞こえてきます。

FriskSDR組み立て開始しました

FriskSDRですが、部品が揃ってきたので組み立てを開始しました。組み立ては段階を踏んで動作確認しながら行います。実際には時間のかかる作業はソフトウェアですので、今回はその手前まで行います。 image

FRISKケースサイズのSDRを製作開始しました

先日Si5351Aを試用してみましたが、RF用途に十分使えそうな発振器であることが判りましたので、これを使って受信機を製作してみたいと思っていました。QSD(Quadrature Sampling Detector)方式が良さそうでしたので、回路を引いて実装を検討していました。最初は実験基板を作ってみるだけのつもりだったのですが、なんとなく勢いが付いて、MCUもボードに載せてスタンドアロン化。そしてレイアウトしていると、かなり小型に作れそうな感じになってきたので、FRISKケースサイズを目標にして、なんとか納めることに成功しました。先日基板を発注すると、あっという間に試作基板ができてきてしまいました。実装はまだこれからですがちょっと紹介します。 image

Si5351Aクロックジェネレータを試用してみる

Sillicon LaboratoryのSi5351を使ったクロックジェネレータモジュールがStrawberry Linuxから販売されていました。Adafruitでも取り扱いがあり、無線への応用例も散見していましたので、どのくらいの性能を持つのか以前より気になっていました。今回ようやく試してみました。 image